タイトル

今年度最初の豪華2本立てセミナー

このセミナーは終了しました。

【1】会社オーナーの国外移住を検討する際に必ず押えておきたい3つの制度
(講師:木村健一)


~国外転出時課税制度、国外財産調書、財産債務調書について~

税制改正により平成27年1月1日から相続税が増税となり、会社オーナー等、資産家の方々が所有する資産に対する納税負担が増加しています。一方で、中小企業においても、海外での事業展開を考えた結果、海外進出をしたり、さらに日本から海外に拠点を移して、 更なる事業拡大を検討されることも珍しくありません。

そのような状況が後押しし、海外進出をしている日本本社のオーナーから、国外移住に関する相談を受けるケースが増加しています。そこで今回はオーナーの国外移住について、影響してくる3つの制度について、網羅的に解説を行います。「国外財産調書」は平成25年度の確定申告から、「財産債務調書」は平成27年度の確定申告からスタートしており、それぞれ事例を踏まえた解説を行います。「国外転出時課税制度」は制度について解説を行います。

【2】海外現地法人において本社が最低限押えるべき業務管理のポイント
(講師:佐分和彦)


中小企業においても、海外進出が広がる中、その業績をどのように管理すべきか悩んでいる企業は決して少なくありません。言葉や会計ルールの違いから、十分な業績把握ができていないケースや、 合弁事業の場合に現地法人の運営管理は現地パートナーにのみ委ねられているケースは多くあります。また、1拠点のみならず、複数拠点を有し、拠点ごとに異なるルールを踏まえた管理に苦慮されているケースもあります。

しかしながら、目の届きづらい海外事業こそ、適正な業績管理が必要なことは間違いありません。そこで今回は、海外現地法人の財務状態について最低限必要な業績管理とは何か?また、現地サイドの環境整備及び本社で継続的に管理をしていく上でのポイントを解説します。
講師
【1】木村健一
税理士法人名南経営 代表社員

入社以来25年以上にわたり、個人資産家オーナー向けの資産税対策・相続対策を中心に活動。また、各金融機関・JA等のセミナー・相談会にも積極的に対応しており、資産税関係の責任者を務めている。

【2】佐分和彦
株式会社名南パートナーズ 代表取締役/税理士法人名南経営 部長

延べ5,000社を超える中小企業経営者と面談し、税務・経営など幅広く企業の課題解決へのサポートを行うコンサルタント。最近では、海外進出を目指す企業への支援事業部門を立ち上げ、親子一体サポートを目指している。



会場
※時間はいずれも13:00~16:00
東京会場:2016年4月27日(水)
 株式会社名南経営コンサルティング 東京事務所(千代田区内幸町1-1-7 日比谷ビルアネックス2F)
大阪会場:2016年4月28日(木)
 株式会社名南経営コンサルティング 大阪事務所 (大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル8F)
受講料
30,000円(税込 32,400円)/人

※一般のみなさま
下のフォームにてお申込後、セミナー受付メール(控え)を送信します。このメール内で振込口座のご案内をしておりますので、内容をご確認の上、指定の口座にお振込ください。

※中国アジア進出支援ネットワークのみなさま
会員専用サイトでお申込を受け付けておりますので、このフォームでのお申込はご遠慮ください。お申込はこちらから

※MyKomon会計事務所正会員、MyKomon自動更新ホームページ会員、MyKomonトレーニング会員、相続財産シミュレーション会員のみなさま
以下のフォームよりお申込ください。受講料は、毎月の月会費と一緒にお引落させていただきます。

※中国アジア進出支援ネットワークとは?詳細はこちらをご覧ください。
お問合せ
株式会社名南経営コンサルティング ネットワークソリューション事業部
名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋34F TEL:052-589-2789
中国アジア進出支援ネットワーク担当:平野
お申込いただいた方には、後日会場の詳細をメールまたはFAXにてご案内いたします。